スポンサーリンク

メモリア

スポンサーリンク

メモリアについて

メモリアとは

 メモリアはSTR、VIT、物理攻撃力、HP、回避値などのステータスを上昇させることができるアイテムです。装備に装着することで効果を発揮します。1章page8をクリアすることで機能開放して利用することができます。
 装備のメモリア装着タブから装着や強化などを行えます。最大レベルは15となっています。

装着方法

 メモリアを装着するには、装備強化画面のメモリア装着タブで、スロットを解放する必要があります。1つ目のスロットは銅貨を、2つ目以降は金貨を消費することで装備1つにつきで4枠まで開けることができます。10000銅貨と170金貨ですべての枠を解放できるのですべて解放するようにしましょうメモリアの開放枠も装備の強化数値とともに引継ぎができるため装備を変えたときに新たに付け直す必要はありません。
 また、メモリアは複数の種類がありますが1つの装備につけることができるメモリアは各種類1つずつです(ある種類のメモリアを同じ装備に2つ以上つけることはできません)。

メモリアの強化方法

 装着してあるメモリアと同じ種類のメモリアと銅貨(Lv.12~Lv.14の強化には金貨が必要)を消費することでメモリアを強化することができます。強化に使用できるメモリアは、装着してあるメモリア以下のレベルのものになります。例えば、Lv.5のメモリアを強化する場合はLv.1~Lv.5までのメモリアを一定数使用してLv.6のメモリアを合成できます。

 この時、使用するメモリアのレベルが高いほど、強化に必要なメモリアの数と銅貨が少なくなります。同じ数のメモリアを使う場合は途中の経路に関わらず最終的な消費銅貨は同じになります。

 レベル1メモリアのみを使用して強化する場合と、同レベルのメモリア1つを使用して強化する場合の消費銅貨をまとめた表はこちらになります。レベル14→15での強化は未確認ですが、レベル12以降のメモリアの強化には銅貨が必要なくなります

強化Lv.1メモリア使用同レベルメモリア使用
Lv.1→Lv.2Lv.1×1
2万銅貨
Lv.1×1
2万銅貨
Lv.2→Lv.3Lv.1×2
6万銅貨
Lv.2×1
4万銅貨
Lv.3→Lv.4Lv.1×4
18万銅貨
Lv.3×1
10万銅貨
Lv.4→Lv.5Lv.1×8
46万銅貨
Lv.4×1
20万銅貨
Lv.5→Lv.6Lv.1×16
112万銅貨
Lv.5×1
40万銅貨
Lv.6→Lv.7Lv.1×32
254万銅貨
Lv.6×1
70万銅貨
Lv.7→Lv.8Lv.1×64
538万銅貨
Lv.7×1
100万銅貨
Lv.8→Lv.9Lv.1×128
1126万銅貨
Lv.8×1
150万銅貨
Lv.9→Lv.10Lv.1×256
2302万銅貨
Lv.9×1
200万銅貨
Lv.10→Lv.11Lv.1×512
4654万銅貨
Lv.10×1
250万銅貨
Lv.11→Lv.12Lv.1×1024
9358万銅貨
Lv.11×1
300万銅貨
Lv.12→Lv.13Lv.1×2048
1億8416万銅貨
100金貨
Lv.12×1
必要銅貨なし
100金貨
Lv.13→Lv.14Lv.1×4096
3億6832万銅貨
300金貨
Lv.13×1
必要銅貨なし
300金貨
Lv.14→Lv.15Lv.1×8192
7億3664万銅貨
700金貨
Lv.14×1
銅貨量未検証
700金貨

メモリアの入手方法

 メモリアを入手する方法は「メモリアの欠片」からの入手と交換所での入手の2つあります。

・「メモリアの欠片」から入手
 メモリアの欠片はLv.1~Lv.5まであり、使用することでそれぞれ対応するレベルのメモリアをランダムで1つ入手することができます。メモリアの種類については後述します。
 ランダム入手なので安定はしませんが、Lv.5までのメモリア強化分の銅貨が免除されるため費用を少し安くできます。

交換所で入手
 「無銘のメモリア」交換所では無銘のメモリアと交換で、任意のLv.1メモリアを入手することができます。強化するときにメモリアが少しだけ足りない時や低レベルのメモリアを強化する時に使用するのがいいでしょう。

 メモリアの欠片と無銘のメモリアの入手方法は以下の通りです。また、これらの他にもイベント開催時に交換や報酬のラインナップに並ぶこともあります。

入手方法探索交換所宝箱ガチャミッション報酬
Lv.1白薔薇アイテムガチャデイリー
メモリア強化、探索
Lv.2××メモリア強化、探索
Lv.3×銅、銀×メモリア強化、探索
Lv.4××メモリア強化
Lv.5×赤薔薇××
Lv.10×青薔薇×××
無銘××銀、金キャラクター、リブート、アニムス、魂の栞×

メモリアの詳細

メモリアの種類

 メモリアは23種類あり、それぞれで上昇するステータス値と装着できる部位が決まっています。装装着可能な部位については、装備画面での上4種類(武器、副武器、指輪、首装備)と下4種類(頭、胴、腰、足装備)に分かれているので覚えるのは楽でしょう。

メモリアの強化値

 メモリアを装着すると、対応したステータスをメモリアのレベルに応じて割合で伸ばすことができます。「紅」や「碧」、「紫」のメモリアなど単一のステータスを伸ばす多くのメモリアは「0.2%×レベル」分の補正を持ちますが、「紅力」や「紫黒」など2つのステータスを伸ばすメモリアは「0.1%×レベル」分の補正を持ちます。例外的に、物理防御力と魔法防御力を伸ばす「抗拒」と「抗魔」のメモリアは「0.1%×レベル」分の補正になります。

メモリアの種類上昇するステータス上昇する値装備可能部位
くれない紅のメモリアSTR+0.2%×レベル武器、副武器、指輪、首装備
みどり碧のメモリアINT+0.2%×レベル武器、副武器、指、首装備
かいりき怪力のメモリアぶつりこうげきりょく01物理攻撃力+0.2%×レベル武器、副武器、指輪、首装備
こうま降魔のメモリアまほうこうげきりょく01魔法攻撃力+0.2%×レベル武器、副武器、指輪、首装備
ぶぎ武技のメモリアめいちゅうち命中値+0.2%×レベル武器、副武器、指輪、首装備
ぜつぎ絶技のメモリアくりてぃかるち01クリティカル値+0.2%×レベル武器、副武器、指輪、首装備
こうりき紅力のメモリアSTR、物理攻撃力+0.1%×レベル武器、副武器、指輪、首装備
へきま碧魔のメモリアINT、魔法攻撃力+0.1%×レベル武器、副武器、指輪、首装備
わんぎ腕技のメモリアぶつりこうげきりょく02物理攻撃力、命中値+0.1%×レベル武器、副武器、指輪、首装備
まぎ魔技のメモリアまほうこうげきりょく02魔法攻撃力、命中値+0.1%×レベル武器、副武器、指輪、首装備
びんしょう敏捷のメモリアくりてぃかるち02クリティカル値、命中値+0.1%×レベル武器、副武器、指輪、首装備
メモリアの種類上昇するステータス上昇する値装備可能部位
くろ黒のメモリアVIT+0.2%×レベル頭、胴、腰、足装備
むらさき紫のメモリアDEX+0.2%×レベル頭、胴、腰、足装備
こうきょ抗拒のメモリアぶつりぼうぎょ物理防御力+0.1%×レベル頭、胴、腰、足装備
こうま抗魔のメモリアまほうぼうぎょ魔法防御力+0.1%×レベル頭、胴、腰、足装備
かわしわざ躱技のメモリアかいひ回避値+0.2%×レベル頭、胴、腰、足装備
せいりょく精力のメモリアHP+0.2%×レベル頭、胴、腰、足装備
しま詩魔のメモリアMP+0.2%×レベル頭、胴、腰、足装備
こくひ黒避のメモリアVIT、回避値+0.1%×レベル頭、胴、腰、足装備
しひ紫避のメモリアDEX、回避値+0.1%×レベル頭、胴、腰、足装備
しひ精魔のメモリアHP、MP+0.1%×レベル頭、胴、腰、足装備
しこく紫黒のメモリアVIT、DEX+0.1%×レベル頭、胴、腰、足装備
ぎのう技能のメモリアめいちゅう命中値、回避値+0.1%×レベル頭、胴、腰、足装備

装着すべきメモリア

 上4か所の装備に装着するメモリアはキャラクターの属性で装着するメモリアを選びます。
 破壊者狩人には紅・怪力(STR・物理攻撃力)のメモリアを、術士には碧・降魔(INT・魔法攻撃力)のメモリアを付けましょう。残る2枠はキャラクター自身のDEX値によって決めるといいでしょう。
 例えば、DEXが中庸なキャラクターにはストライクを出しやすくするために命中値が上昇する武技や腕技のメモリア(魔技のメモリア)をつけるといいでしょう。
 逆に、アマリエの世にDEXが低いキャラクターは命中を捨ててしまい、INTと魔法攻撃力を伸ばすメモリアをつけるといいでしょう。
 また、狩人キャラクターのリファインが進んでいると命中過多になっている場合が多いため、命中を上げずに物理攻撃力やクリティカルを上げてもいいでしょう。
 基本的には、同じ倍率であれば一次ステータス(STR、INT)を上げるよりも二次ステータス(物理攻撃力、魔法攻撃力)を上げた方が攻撃力は高くなります。また、ほとんどの場合において、クリティカル値を上げるよりも攻撃力を上げた方がダメージは高くなります。

STRが1増えると、物理攻撃力は2増えます(詳しくはこちら)。
STRが10万のときメモリアによってSTRが1%増加するとSTRは1000上がるため、物理攻撃力は2000上がります。
攻撃力は、STR以外にもDEXやユーザーレベル、武器、覚醒倍率など様々な要素によって上がります。そのため、STRが10万であるときは物理攻撃力は20万よりも明らかに高いので同じ1%の補正値であっても上昇する攻撃力も2000より高くなります。
(物理型で説明していますが、INT、魔法攻撃力も同様です。特に術士は副武器で魔法攻撃力が上昇するためこれよりも顕著になります)
また、クリティカル発生時には攻撃力とクリティカル値の合計にアビリティ倍率をかけてから諸々のダメージ計算がなされるため(詳しくはこちら)、攻撃力よりもクリティカル値の増加量が高くならない限りは攻撃力を上げた方がダメージが高くなります。
ただし、覚醒バフを使用するパーティなどはクリティカルが劇的に上昇するため攻撃力よりもクリティカルの方がダメージの上昇が期待できることはあります。クリティカルの発生は確定しない点には注意しましょう。
破壊者
STR
怪力
物理攻撃
狩人
STR
怪力
物理攻撃
術士
INT
降魔
魔法攻撃
命中が欲しい武技
命中
腕技/魔技
攻撃、命中
命中が低い破壊者紅力
STR、物理攻撃
腕技
物理攻撃命中
命中が低い術士碧魔
INT、魔法攻撃
魔技
魔法攻撃命中
命中が高い/狩人絶技
クリティカル
腕技/魔技
攻撃、命中

 下4か所の装備はとれる選択肢が非常に多くなっています。
 まず、精力(VIT・HP)のメモリアは必ずつけましょう。
 空いた2枠にはアタッカーであればDEX)や紫黒(VIT/DEX)、回避が欲しい場合は紫避(DEX/回避)や技能(命中/回避)のメモリアを付けるといいでしょう。
 サポーター、タンクには抗拒抗魔躱身・黒避・紫避・紫黒(物理防御魔法防御回避値・VIT/回避・DEX/回避・VIT/DEX)のメモリアから選びましょう。DEXが高いキャラクターには躱身などのメモリアを付けるといいでしょう。
 回避値上昇のパッシブを持つキャラクターや靴のリファインを積極的に行なっている場合は躱身や「」を持つメモリア、その他の場合は手持ちのメモリアと相談しながら選択しましょう。この中からどれを選択するかはプレイヤーによって好みが分かれます。破壊者は副武器によって物理防御力が上昇するため、抗拒をつけることでの恩恵も受けやすくなっています。しかし、自分のライバルに術士が多い場合や、術士を苦手とするパーティであれば抗魔の方が有用であるため、環境に合わせてお好みで選択することを推奨します。
 詩魔(MP)のメモリアはつける必要ありません。精魔(HP/MP)のメモリアも推奨はしませんが、クリスマスサーラや正月カグヤ、ゆめみなどで体力お化けを作りたい場合は視野に入ります。

必須
VIT
精力
HP
選択
DEX
躱身
回避
紫避
DEX/回避
黒避
VIT/回避
選択抗拒
物理防御
抗魔
魔法防御
紫黒
VIT/DEX
技能
命中/回避

おすすめの強化方法

 強化するときには、1つを集中してあげていくよりも平均的に上げる方が効率的にステータスを伸ばすことができます。また、攻撃力とHPは元々の数値が比較的大きいためメモリアによる恩恵が高いため優先して装着、強化するといいでしょう。

総戦力を伸ばす

 メインキャラクターにつけているメモリアのレベルが10を超えると、なかなか強化することが難しくなります。この時期には、メモリアによって総戦力を少しでも上げていくことを考えていきましょう。今のところ総戦力はガーディアン討伐戦でしか使わず装備強化ほどの戦力上昇は見込めませんが、メインキャラクターのメモリアに強化する時に回収すればロスは発生しないためあげておくといいでしょう。

 使っていないキャラクターにメモリアを装着してレベル5程度まで強化すると総戦力を効率よく上昇させることができます。
 ほとんどは怪力降魔(物理攻撃力、魔法攻撃力)のメモリア精力(HP)のメモリアが最も戦力があがります。覚醒ボーナスによるステータス補正が高くなる、覚醒数が多いキャラクターに各装備1つずつのメモリア(枠の開放に1装備につき1万銅貨が必要になります)を付けていくのがいいでしょう。イベント配布キャラクターは比較的最大覚醒をしやすいためおすすめです。
 つけているメモリアが高くなり強化に必要な数が集まったらメインキャラクターのメモリアを上げましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました