スポンサーリンク

UR【干支ノ寅】シャオイン

URキャラクター
スポンサーリンク

【干支ノ寅】シャオイン

基本情報

レアUR
属性破壊者
原典十二支
イラストむりょたろ
ボイス森下結月

ふれあいセリフ

0〜499
0〜499

さて、アナタ…シウに今までした命令、全部聞かせてもらうわよ…? ハレンチ容疑だわッ

500~999
500~999

私の足、ちょっと太いかしら…? でもこのおかげで、速く走れるんだから、大事にしなくちゃ

1000~
1000~

今日はストレッチに付き合ってもらうわ。明日も、明後日も。一等賞取れるまで、ずっとねっ

ステータス

STRINTVITDEX
育成上限53000130005500029000
ふれあい上昇量+10000
最終ステータス63000130005500029000

アビリティ

アクティブアビリティ

虎視眈眈キャラクター解放時に獲得残りHPが最も多い敵単体に500%の物理攻撃。
90%で追加効果:3ターン継続の照準
壬寅覚醒レベル10で獲得残りHPが最も少ない敵単体に420%の物理攻撃。
与ダメージの58%を回復
疾風怒涛覚醒レベル20で獲得ランダムで敵に5回100%~180%の物理攻撃。
自身の残りHPが多いほどダメージアップ
強者奮励覚醒レベル40で獲得自身に3ターン継続のバフ:
150%の集中&150%の覚醒

パッシブアビリティ

虎に拳キャラクター解放時に獲得与ダメージ16%アップ
被ダメージ8%ダウン
四神相応覚醒レベル30で獲得【動物】属性の味方は回避値25%アップ

アニムスウェポン

アニムスウェポン未実装

キャラ性能

各能力評価と適性(A~D)

攻撃防御支援妨害通常戦闘幻影の塔クランレイド
BBCDBBB

解説

 干支モチーフのアルター第二弾。同じ干支のシウがもつ牛っぽさと裏腹に虎らしさはあまりない

 自身で高確率長期間の照準、バフ前提でクリティカル発生が期待できる多段攻撃、高倍率の吸収回復アビリティ、低いステータスを補える自己バフのアビリティ構成で、ある程度自身で完結した能力になっている。
 DEXが低くそのままではストライクが出にくいため、”強者奮励”による自己バフは必須。
 150%の命中値とクリティカル値が加算される(それぞれ2.5倍になる)ため、同レベル帯のキャラクターに対しては狩猟者も含めてクリティカルが狙えるまで上昇させることが出来る。ただし、クリティカルの発生率は最大50%な点、クリティカル値は装備で補うことが出来ないため伸び幅自体は少ない点に注意。また、沈黙によるバフの不発や気絶や睡眠で停滞するターンがあるとバフの恩恵を受けられなくなる可能性もある。
 なお、覚醒バフは重ね掛けできるため、ミチルのバフや通常サーラのアニムスなどでさらなるダメージアップを見込むことは可能。

 ”虎視眈眈”による照準は3ターンと非常に長いため、解除されない限りはほとんどの相手を倒すことが可能。高HP狙いであるため、正月かぐや等の高耐久キャラクターに照準してしまうと他の相手を倒すことが出来ずに攻撃を撃ち込まれてしまうなど注意点はある。自身を狂戦士にすればかぐや系に対する対策にはなるが1巡の間攻撃を吸われ続けることになるためもう一押しほしいところ。

 パッシブアビリティは、自身の攻防を上げる”虎に拳”と味方【動物】の回避値を上昇させる”四神相応”。
 ”虎に拳”は与ダメージ16%アップ、被ダメージ8%ダウンと同系統のパッシブと比較してわずかに効果が高め。
 ”四神相応”は効果対象である【動物】タグにはギィ(回避値パッシブ持ち)やクー(高DEX、狩猟者でさらに増)、その他タンクキャラのアラジンシェル、持久戦が得意な3匹の子豚アンジェラ、ヒール持ちのクドシンドバッドなど、恩恵の大きいキャラクターが多数いる他、それ以外のキャラクターにとっても25%は大きいため該当するキャラクターがいれば腐ることはない。当然、自身の低めの回避値を補うことも可能で狩人以外の命中値と同等程度には引き上げることが出来る。

通常戦闘適性:B

 ”虎視眈眈“の高HP狙い照準から、他のキャラの単体攻撃で1人確実に落としたり、”壬寅“の最小狙いで確実に持っていくなどのムーブがとれる。
 180%×5の合計900%のダメージが出せる、高倍率の”疾風怒涛”も撃ち漏らしの処理や削り性能として非常に有効である。

 ただし、注意点がこのキャラクターを通常戦闘で扱う際にはいくつかある。
 まず、照準の確率が90%であること。通常戦闘は直近10戦分のデータから高速戦闘を行うので、90%の照準ありきの並びにすると必ず通常戦闘が安定しない。このキャラクターの照準を軸にして通常戦闘を行う場合、他のキャラのパッシブで、デバフ付与率を1.11倍以上にしてあげることを推奨する。
 次に、高HP狙いや最小狙いは敵のHPが同じ場合、前にいるキャラクターに飛んでいくという仕様がある。したがって、初手に配置して照準を使った場合、敵の先頭のキャラに必ず飛んでしまう。通常戦闘は敵と味方の合計の行動回数が18回以下なら30秒といった仕様である。二番手で殺せたとしても、照準がついた敵は1ターン目は必ず行動してしまうため、敵の行動回数を減らすことが出来ず、1回分の行動時間が確実にかかってしまうことには注意。
 また、バフのない状態ではDEXが非常に低いことからストライクが出にくいため、火力面でもやや安定しない場合があることにも注意。

幻影の塔適性:B

 バフを使用した後に攻撃アビリティ3つを無駄なく使用できる。
 高倍率の吸収回復アビリティがあるため反撃にも少し強くなっている。
 集中、覚醒は与ダメージアップバフやデバフ、追撃バフと重複できるためバフキャラクターを採用して火力の底上げも可能。

クランレイド適性:B

 極級ではバフの使用が前提とはなる。
 とはいえ、HP最大時であれば”疾風怒涛”は合計900%のダメージが見込めるためクリティカルが出ればある程度まとまったダメージを与えることも可能。

組み合わせると強いキャラ

スタンダード、アタッカーに分類される

キャラクターの分類はコチラ

各デバフ付与アビリティをもつキャラクター一覧はこちら

入手方法

期間限定ガチャ
 初出:2022/01/20~01/30

コメント

タイトルとURLをコピーしました